ローヤルゼリーでコレステロールの上昇を抑えられるか
ローヤルゼリーイメージ

ローヤルゼリーでコレステロールの上昇を抑えられるか

ローヤルゼリーには、いろいろな栄養成分がバランスよく含まれています。
ですから、適切に摂取すれば、病気の予防ができたり、進行を食い止めることができたりすると言われています。
ここでは、生活習慣病の予防のなかでも、血中コレステロール値の上昇を抑える効果について説明します。
コレステロール自体は体にとって必要なものです。
しかし、うまく循環できずに増えすぎると、血管の壁に付着し、動脈硬化などさまざまな病気を引き起こしますから、注意が必要です。
有効な成分はいくつかありますが、ローヤルゼリーにしか含まれていない成分で、デセン酸というものがあります。
脂肪酸の一種で、この含有量が基準値以上でないとローヤルゼリーと認められないくらい、重要な物質です。
デセン酸については、すべてが解明されたわけではありませんが、コレステロール値を下げる働きがあると言われています。
また、ローヤルゼリーに多く含まれるパントテン酸は、血中の余分なコレステロールを回収するHDLを増やし、肝臓から体にコレステロールを送り出すLDLとのバランスを保つ働きがあります。
このように、ローヤルゼリーには、コレステロール値を適正に保つ効果のある成分がたくさん含まれているのです。