ローヤルゼリーは認知症にも効果が期待できる
ローヤルゼリーイメージ

ローヤルゼリーは認知症にも効果が期待できる

ローヤルゼリーは健康補助食品です。
栄養価が高く、疲労回復などの効果は昔から知られていました。
最近の研究から、ローヤルゼリーの効果はそれだけではないことがわかりました。
どうやら、アルツハイマー病の予防や進行を遅らせる効果があるようなのです。
ローヤルゼリー自体にも効果はありますが、同時に摂ることで効果が倍増する化合物が発見されました。
それは、柑橘系に含まれるノビレチンという成分です。
東北大学大学院の研究では、温州ミカンとジャパンローヤルゼリー社の製品を使ってマウスの実験を紹介していましたが、沖縄産のシークワーサーや、茨城県産の新姫などの外皮部分にもノビレチンが多く含まれています。
研究結果では、このノビレチンとローヤルゼリーを一緒に摂ると、さらに効果的というデータが出ています。
また、生活習慣病にも効果が期待されています。
ローヤルゼリーの主成分であるアセチルコリンは、脳細胞を活性化する働きがあります。
加齢とともに減ってしまうと認知症になると言われています。
アセチルコリンを摂取すると、更年期障害やウツ病の症状改善、動脈硬化の予防、記憶力や学習力が上がることが期待されます。
ローヤルゼリーのサプリやドリンクなどで無理なくアセチルコリンを摂取すると良いでしょう。